イースターパックはスターウェイ株式会社が設計・製造する環境にやさしい紙素材で作られた通い箱です。

通い箱e-starpack公式サイト 通い箱e-starpack公式サイト
スターウェイ株式会社
お問合せ サイトマップ
通い箱イースターパックとは 製品情報 通い箱導入事例 ご注文方法 スターウェイ株式会社
原材料 基本形状 オプション部材 通い箱導入メリット メディア情報

イースターパックとは

環境効果 経済効果 安全性 オリジナル性
環境にやさしい紙製通い箱
イースターパックとは、段ボールに代わる梱包資材として、スターウェイが独自に開発した通い箱です。
使用している材料は段ボールの数倍の強度を持つ板紙で、これは、くり返し使用するのに充分な強度を持つと同時に、紙特有の加工性の良さと導入し易い手頃な価格を兼ね備えた優れた原材料です。
十分な強度と手頃な価格
イースターパックの特徴
オーダーメイド設計と様々なオプション機能
イースターパックはオーダーメイド製品です。全ての製品は担当営業がお客様のご要望をお聞きした上で設計、製造を行っています。オーダーメイド製品のため、製品を梱包する為の最適な資材を作成することが可能です。

設計から生産、納品までを一貫して自社で管理
イースターパックは設計から生産まで全て自社の工場で行っています。工場には箱を製造する為の様々な機材がそろっており、原材料のカットから、加工組立までを一貫して行える設備が整っています。全てを自社で完結することで、製品の品質向上と最適なコストの御提案を申し上げることが可能です。


幅広い用途
イースターパックの用途は、企業の工場間の輸送から、お客様への製品配送、また製品保管箱や文書管理用の箱等、様々な用途で使用することが可能です。

環境効果 経済効果
安全性 オリジナル性
環境にやさしい紙素材
イースターパックは全ての製品に紙素材を採用しております。紙は自然に由来する製品で、他のあらゆる製品に比べてもリサイクル性の高い素材です。スターウェイでは、原材料に紙素材を採用すると共に、古紙を利用して作られた原材料を積極的に採用しております。

CO2排出量の削減
イースターパックを何度もくり返し利用することによって、段ボールの消費量を削減し、資材の生産時や廃棄時に発生するCO2削減に貢献することが可能です。
イースターパック1箱を製造する際に排出されるCO2は、段ボールの場合よりも多くなりますが、より少ない数量のイースターパックで、より多くの段ボールケースをまかなうことが出来れば、私たちは大きく環境に貢献することが可能になります。

御社の環境貢献度をデータ化します
スターウェイではイースターパックを導入いただいたお客様に、導入によって削減できる資材の量や、CO2の排出量を計算しデータ化するサービスを行っています。データ化された数値は、お客様の環境に対する貢献の目に見えるデータとして各方面にアピールすることが可能です。
また、導入前に削減可能なCO2の排出量を試算するサービスも行っております。

ページトップ
経済効果
様々な経済効果をもたらす通い箱のメリット
梱包資材費の削減
通い箱のメリットはなんと言っても、梱包資材費用の削減にあります。1箱当たりの単価は段ボールよりも割高になりますが、イースターパックはくり返し使用することにより、梱包資材に掛かる費用を最終的に安く抑えることが可能です。

イースターパックは初期に投資する費用が段ボールを大きく上回りますが、都度発注の必要な段ボールに比べ、ある時点で費用の効果が現れます。

副資材の削減
削減できるのは、段ボールの費用だけではありません。梱包に必要なガムテープなどが不要になる為、副資材の購入費用を抑制することも可能です。

廃棄物の削減
大量に廃棄される梱包資材は、有料での引き取りゴミの対象となる場合がございます。イースターパックはゴミの排出を抑制する為、結果としてゴミを処理するのに必要な費用を削減することも可能です。

作業工数の削減
イースターパックは作業性を重視し、簡易に荷扱いが出来るよう設計に工夫を凝らしています。毎日大量の製品の出荷をされる企業様では、梱包ラインの作業工数を減少し、結果として人件費を削減することが可能です。

管理工数の削減
イースターパックは一旦導入し何度もくり返し使用すれば、段ボールのように定期的に発注をする必要がなくなります。そのため、段ボールのように日々の数量管理や、数量に応じた発注などの手間がなくなります。

ページトップ
安全性
大切な製品を安全に配送するために
外部の衝撃から製品を保護
イースターパックの耐圧強度は、ミカン箱程度の製品で、最大500kgにもなり、通常の段ボール箱の5〜10倍の強度を持っています。また、イースターパックは設計の時点で、製品を外部の衝撃から守る為と、くり返し利用をするため、強度の面において、様々な工夫を行っております。

イースターパックの採用事例において、当初より精密機器でのご利用が多いのも、そういった点から注目を集めている理由でもあります。

重量物の配送に威力を発揮するイースターパック
強度の高い材質を使用しているイースターパックは大型で重量のある製品の梱包にも向いています。

大型の製品としては、コンピューターの大型サーバーや、液晶テレビ、医療機器等の梱包資材を作成した実績を持っています。

セキュリティー性能
イースターパックは、高いセキュリティー性を必要とされる梱包資材として、様々な用途でご利用を頂いております。元来、強靭な素材を用いているために、箱自体が破損することは少なく、また、オプションを追加することで、更にセキュリティー性能を高めることが可能です。

紙粉対策−クリーンルーム対応
イースターパックで使用している板紙は、高い圧力で圧縮をしている為、紙でありながら紙粉の出にくい材質となっております。段ボール等から出る細かい紙粉は精密機器にとっては大敵となるもので、イースターパックはその点を克服し半導体部品の輸送や、クリーンルームでの使用の実績がございます。

ページトップ
単なる梱包資材を超えたイースターパックの可能性
自社専用のオリジナル通い箱
イースターパックは加工性の良い原材料を用いていることから様々な形状の箱を作成することが可能ですが、イースターパックのオリジナル製は形状だけにとどまらず、デザインも自由に設計することが可能です。自社のロゴマークを印刷したり、宣伝用の文章を印刷することにより、自社専用の通い箱として、そのオリジナル性をアピールすることが可能です。

環境貢献へのアピールツールとして
イースターパックを利用することによる企業の環境への貢献は、企業の環境対応へのアピールツールとして様々な方法でご利用いただいております。イースターパックをくり返し利用することによって可能となったCO2削減のデータを環境報告書へ掲載したり、イースターパックの採用を自社のホームページに掲載するなどして、その環境貢献度をアピールすることが可能です。

輸送用梱包資材にとどまらないイースターパックの可能性
イースターパックの用途は、輸送用の梱包資材だけにとどまりません。過去に作成したものとしては、鞄やトランクケース、スーツ等をハンガーごと掛けられるハンガーボックス等、様々な製品を作成することが可能です。
オーダーメイド製品の製造を行うスターウェイはお客様のアイディアを形にすることをモットーとして、様々な製品を開発しております。


カーボンオフセット付きイースターパック
イースターパックはご要望のあったお客様に対して、箱の製造時に輩出されるCO2をオフセットするサービスをご提供しております。オフセットされたイースターパックはCO2オフセット済み製品としてご提供いたします。ご利用者は、環境対応の通い箱を利用していることをアピールすることが可能です。

ページトップ
イースターパックとは | 製品紹介 | 導入事例 | ご注文方法 | スターウェイ株式会社
お問合せ | サイトマップ |トップページ
Copyright(C) Starway All rights reserved.