イースターパックはスターウェイ株式会社が設計・製造する環境にやさしい紙素材で作られた通い箱です。

通い箱e-starpack公式サイト 通い箱e-starpack公式サイト
スターウェイ株式会社
お問合せ サイトマップ
通い箱イースターパックとは 製品情報 通い箱導入事例 ご注文方法 スターウェイ株式会社
原材料 基本形状 オプション部材 通い箱導入メリット メディア情報

製品紹介

基本形状 オプション部材 緩衝機能
A式
最もスタンダードで取り扱いのしやすい形状。

A式の段ボール箱とほぼ同等の形状で、最もスタンダードな形の通い箱です。蓋はマジックテープで封緘をするのが一般的ですが、ガムテープで封緘をするタイプに加工をすることも可能です。
A式(三つ折タイプ)
組み立てた状態の形状はA式の箱と同じだが、
折り畳み時の形状が特徴的な箱。
このタイプの箱は、折り畳んだときのサイズが最も小さくなるよう設計をされています。更に、折り畳んだ箱は、組み立てられた箱の中に複数枚収納することが可能です。
箱の本体に対して、蓋が覆いかぶさるようなタイプの箱。
天面がフラットな為、箱を段重ねする用途に向いています。また、蓋が本体に覆いかぶさるような形状をしている為、耐久性も高い箱です。

組み立てた状態の形状は、被せ蓋式と同じだが、折り畳み時の形状が特徴的な箱。
このタイプの箱は、折り畳んだときのサイズが最も小さくなるよう設計をされています。更に、折り畳んだ箱は、組み立てられた箱の中に複数枚収納することが可能です。
C式
本体と蓋が分離するタイプの箱。

本体と蓋が完全に分離するタイプの箱です。小型の箱から大型の箱まで、どのようなサイズの箱でも作成することが可能です。小型のものは、小物入れや部品ケースとして使用することが出来ます。一方、大型のサイズのものは、重量物や、大型の機械等を梱包するのに向いています。折り畳みが出来ない構造の為、その分強度が非常に高い形状でもあります。
スリーブ式
底蓋、胴体、上蓋と3つのパーツからなるタイプの箱。
パーツを3つに分けることにより、胴体の部分を折り畳んで底箱の中に収納することが可能になりました。重量のある大型の機材や、複数の製品を同時に梱包する用途に向いている形状です。また、底蓋にパレットを取り付けて、パレット一体型の箱としてご利用いただくことも多い形状になります。

ページトップ
各タイプ共通の特徴
リベット
イースターパックは原材料である板紙を、いくつかのパーツに型抜きし、組み立てて箱の形状にしています。パーツをつなぎ合わせる役目をしているのがリベットで、イースターパックでは、金属製のリベットを使用しています。リベットは箱の組立だけでなく、オプションパーツなどを箱に取り付ける際にも使用されており、重要なパーツや強度の必要な部分には、リベットの裏側にワッシャーかませるなどして箱の強度を保つのに役立っています。

罫線
箱の折り目の部分には全て罫線が入れられております。イースターパックはとても強度の高い板紙を使用している為、通常の状態では折り曲げることが出来ず、折り畳みのために必要な部分や蓋と本体の継ぎ目の部分には全て罫線が入れられています。
マジックテープ
イースターパックの大部分は、蓋を閉めるためにマジックテープを使用しています。段ボールの場合のガムテープに代わるものです。

底形状(A式、被せふた式のみ)

イースターパックの底形状は大きく2タイプに分けることが出来ます。どちらのタイプも、ガムテープ等で底を作る必要の無いよう、リベットで予め接合されています。但し、折り畳みは可能になっております。
ページトップ
用途に応じて選べる原材料
VC1
カッターの歯も通さない強靭な板紙素材
紙を何重にも積層し圧縮し板状にした、板紙素材です。段ボール原紙が一般的に180g/屐350g/屬任△襪里紡个掘VC-1は1053g/屐2308g/屬塙發つ變未鮖ち、ミカン箱程度の大きさの箱にした場合で、550kgもの荷重に耐える、耐久性の非常に高い素材になります。また、表面には着色やコーティング等を施さず、使用後は古紙として再生可能な為、環境対応に優れた製品です。
VC1原紙
左から1mm 1.5mm 2mm
SPK
紙でありながら撥水効果と汚れ防止機能を兼ね備えた高機能板紙
SPKの特性は、優れた撥水効果にあります。通い箱の他にも、選挙ボードや魚箱等に使用され、雨に濡れても、水に浸かっても、使用が可能です。24時間浸水後の重量増加率はわずか5〜6%。その後は水分を浸透させません。古紙を利用した、再生板紙であり、使用後は古紙として再生可能な為、環境対応に優れた製品です。

SPK原紙 
左から1.5mm 2mm

<VC1原紙の特徴> 強度

VC1原紙は非常に強度が高い板紙の為、1.5mm以上の厚さの物はカッターの刃を通しません。紙は木材を原料にしていますが、この板紙は紙を積層して強い圧力で圧縮しており、ベニヤの板材に近い剛性を持っています。この板紙で作った箱は、くり返し使用するための強靭さを持っているだけでなく、梱包物を外部の衝撃から守ります。

<SPK原紙の特徴> 撥水効果

通い箱はくり返し使用すると言う条件のため、使用中には雨に濡れたり、汚れが付着したりする危険性に常にさらされています。イースターパックはそのような過酷な状況にも耐えられるよう、表面にポリエチレンのコーティングを施した板紙SPKを原材料のラインナップに加えています。SPKは水をはじくと同時に、紙素材でありながら汚れにも強いという特徴を兼ね備えています。
ページトップ
イースターパックとは | 製品紹介 | 導入事例 | ご注文方法 | スターウェイ株式会社
お問合せ | サイトマップ |トップページ
Copyright(C) Starway All rights reserved.